活動日記 自然組 - 活動日記 -

11月3日 秋に向かう、2021しぜん組号

on
2021年12月1日

しぜん組のブログをご無沙汰しているうちに、川で遊びまくりのしぜん組の夏が終わり、

とっぷりと秋になりました。

 

 

夏休みからそのままオンライン授業になり、

10月の活動日は、ただただみんなで外遊びできるだけで

嬉しいという時間を過ごし、今日は一ヶ月ぶりとなる活動日です。

そして、2日後の週末は夏以来2回目の1泊2日キャンプ!

 

今日は「今日帰るときに、ああ楽しかった、

次のキャンプは夜まで遊び続けられるんだ、楽しみだ!

とワクワクした気持ちで終われたらいいな」

スタッフたちはそんな気持ちを握ってのスタートです。

 

 

 

朝、しぜん学校についたら、いつもしばらくは自由に気ままに過ごします。

すぐに「今日はこれしたいんだ!」と遊び始める子もいるけれど、

遊びたいけれど、何しよう? という感じの子も沢山。

 

 

今日は、何しようか〜?といいながら、森の中をまずはお散歩。

誰かが組んだ竹を発見。なんだこれ? といじっているうちに、なんかシーソーできそう、やってみよう!

 

 

 

木に登ってみたり…何かが見つかりそう、でもまだ見つかっていない。

何かが動き出すまでの、そんなふわあっとした時間です。

でも、面白いなにか、が生まれていくための大事な時間。

 

大きなしだの葉。両手で持つと本当に飛べそうだ。鳥ってこんな感じなのかなあ?

ね、背中につけたら天使じゃない?

 

紙飛行機みたいにそっと手を離してみる。

飛んだ、飛んだねー。

 

 

なんとなーく森の中を歩いているうちに、

キラッとするようなものに出会ったり、

面白そうな遊びが生まれてきたり(森の神様ありがとう!)

 

 

 

 

 

 

そんなこんなしているうちに朝の会。

 

朝の会では毎回「今日は何して遊びたい?」

みんな自分の気持ちを感じてみます。

 

その頃には、したいことが

ちゃーんとハートに浮かんできてる。それが素敵。

 

 

今年のしぜん組は「基地を作りたい」子が多くて、数カ所が工事中。

 

 

歩きやすいように草をきれいにしようとする子、

入り口がわかるように看板作ろう、

こうしたらもっと良くなるって思って、働いてる子たち。

(本人たちには遊びなんでしょうが)

忙しそう! そしてキラキラしています。

 

 

 

お、こっちでは、2階を製作中。登るのはハシゴで下りは滑り台。

床ももっとしっかりさせたいし天井もつけたいそうです。

 

 

 

闘いだー! と棒を持って駆け回っている一群もいるし

そのうちに、棒をかっこよくしたいと小刀持ち出し削る方に夢中になっている子も。

(写真がなくてごめんなさい)

 

グループを決めている訳ではないので、

ふわあっと回遊しながら、いろんな遊びがくっついたり、膨らんだり、変容したり…

 

 

「ごはんだよーー!」お弁当の時間は、みんなで集まって。

キャンプの時にこれ作りたいとか

キャンプの時にこんな遊びしたいというおしゃべりが、ちらほら。

 

 

「前みたいにさ、テントじゃなくて、星を見ながら寝たい!」

(今年3月末の合同キャンプの時に一部の子がテントなしで寝たのが最高に楽しかったらしい)

 

「おお、いいね、じゃ、みんなで外で寝よう! いい場所あるかな、あとで探しに行こう!」

とか

「基地を一日中作りたい!」

とか

「僕は運動会センターを作りたい」

「バッティング屋さんしたい!」

「私は、おやつ屋さんしたい」

「かっこいい刀作りたい」

「おいものお菓子作りたい」

「工作したい」

「玉入れ屋さんしたい」

「一日中遊びたい!」

 

うんうん、いいね、いいね! やろうやろう!

 

 

 

 

夜にランタンがあったらきれいかなあと

ランタンを作り始めた子たち。

透ける紙をペタペタ貼って。

 

わあ、きれいだねー!

 

 

 

お? 森の奥の方にブルーシートが現れた。

 

すごい、森にブルーシートのお部屋が出現。魔法みたい。

「ぼくたちも手伝ったよ!」「わたしも!」と力を貸してくれた子どもたち、

すっごく嬉しそう。

 

 

 

 

みんなでここで泊まるんだって!

「それじゃ、30人部屋じゃん!」

「えー!?」

わあと喜ぶ子や、床も天井もないじゃーんとびっくりしてる子も。

ドキドキよりも、なんかワクワク。

 

 

 

その隣には、バッティング屋さんも完成。

おお、川にボールが落ちないように、両側にちゃんと壁ができてる。

思った以上に本格的ではありませんか。

投球スピードもお客さんに合わせて調節可能だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

さつまいもを子ども園からたっぷりいただき、

今日のおやつは「さつまいもどら焼き」。

最近、おやつ作りにはまっているゆいちゃんとうたちゃん(小3)が、今日ある材料を眺めながら、決めました。

しぜん組のおやつ作りは「たっくさん作れるから楽しい」そうです。

お迎えについてきてくれる兄弟たちにもおすそ分けしてあげたいから、

今日も40人分は作りたいもんね。

 

おしゃべりしながら、テキパキテキパキ。今日はお芋を小さく切ってから茹でる作戦だそうです。

 

「ぼく、火の番したい!」とあつや(小1)。

おいもを茹でるのお願いね。

 

 

 

途中、ぼく、薪拾ってくる! とあつや。

なんか、いつもの弟分という感じの可愛いあつやの雰囲気と違う感じ。

僕が火を守るんだ、って闘志に燃えてます。

 

「いい木が落ちてるとこ、知ってるよ!」と、ときおみ(小1)。

「教えて」

「こっちだよ、ついてきて」

なんか、かっこいいなあ、君たち!

 

 

あっという間に、もう3時半。

「おやつできたよーーーー!」の声で

みんなが集まってきます。

お片づけが終わったら、さあ、おやつ食べながら、お帰りの会。

 

 

 

 

なんで、みんなこんな顔することになったのか…?

 

何をしていても、なんだか楽しい2021のしぜん組です。

 

 

 

 

 

 

 

次は、いよいよキャンプです!

 

 

 

 

この記事を読む
VIEW MORE