活動日記

72人でお餅つき

on
2019年12月30日

12月26日。2019年最後の活動は、全組揃ってのお餅つき! まずは、焚き火を囲みながら、全員揃って朝の会。全部で一体何人いるんだろうね? よーし、1人ずつ番号を言って、何人いるか確かめてみよう!数を送るだけなんだけど、なんだか愉快で笑い声がこぼれる。大人も入れて、今日は72人!

今日はいっぱいおいしいお餅をたべようね。
それにはどうしたらいいかな。
今、餅米をふかしているよ。
蒸すために、火の番をする人がいるね。
それを臼まで運ぶ人がいるね。
お餅をつく人もいるね。
お餅ができたら、それをもちとりに
入れて運ぶ人もいるね。
熱々のお餅をちぎって、
おいしい味にする人もいるね。
お雑煮も作ろう!
お雑煮を作るのを手作ってくれる人も
欲しいなあ。
お雑煮に入れる野菜を畑に採りに行く人も
いるといいね。

12時にはいただきますができるように
みんなでがんばろう!

みんな自分は何ができるか考えてね。

この一声で、みんな一斉に動き出しました!

こちら、畑に野菜を採りに行きたい人達。この後ろ姿がたまりません。

こちら、火の番人たち。なんでそんな格好?と聞いたら、はそりの奥の火の調整にはこの形が1番見やすいそうで…大人には思いつかないスタイルだ。。。

毎年の積み重ねで、つくのも、合いの手も子ども達の体が自然に動きます。

 

熱い、熱いと言いながら、出来立てのお餅を触るの、嬉しいね!

並んだ、並んだ! みんなから少しずつの持ち寄る具材が、これまた楽しい。1番人気のあべかわ餅、最近流行?の白菜+胡麻油和え餅、定番きなこに、あんこ、三重県の味菜もち(青物の胡麻和え)、絶大の人気を誇るココア餅。

 

この後、今日はいつもと違い、ちょっとした趣向を。大人たちがおやつの材料を持って逃走! しぜん組、里組、深山組混ぜこぜで組分けして、逃走犯を探し出し、難問を色々乗り越えた末、やっと材料を取り返し、みんなで作って、やっとおやつにありつきましたとさ!

 

おっきなフライパンで、ポップコーン。

できるかな?できるかな?

ワクワクワクワク

 

TAGS
RELATED POSTS

LEAVE A COMMENT

嘉成永慈
しぜん学校校長

子どもたちが自ら育っていく様子を、しぜん学校スタッフはご家族の皆さんと一緒に見守らせていただきたいと思っています。送迎時にはできるだけたくさん保護者の方に活動時のそれぞれのお子さまの様子をお伝えできればと思っておりますが、なかなか全ての方にお話しすることができません。保護者の方からも、気になることや、ご家庭での様子でお伝えいただけることがありましたら、ご遠慮なくぜひスタッフにお声かけください。また平日の保護者の方との作業は、スタッフとの交流や情報交換の場とも考えております。しぜん学校とご家庭や学校での様子を、ぜひ多く共有できますように。

検索