活動日記 自然組 - 活動日記 -

1月11日 新年明けて最初のしぜん組

on
2020年3月8日

今日は、みんなで力を合わせて、やみんなで一緒に遊ぶ、ではなく、一人ひとりが自分の中に入り込むような、そんな時間を持てたらいいですね

そんなスタッフミーティングをして
自然学校へ。

という訳で、早速スタッフ総出で工作準備。

さりげなーく机に置かれた、
スライスした丸太や、小枝や木の実、
森からの贈り物を見て、
三々五々集ってきた子ども達は
早速、わあ、何してるの?

木板の上に泥を乗せて、
苔や木を置いて小さな森作ってるんだよ。

わあ、私もやりたいー!
やろう、やろう。

早速、森へ材料探しに。

あ! ねじねじのツル見っけ!。

 

そこから色んなイマジネーションが
むくむくっ。
みんなの手が動き出しました。

 

朝の会で、一人ひとりにききます。今日、自分がしたい事教えて欲しいんだ。

工作を続けたい子、鬼ごっこしたい子、
お味噌汁作りたい子、薪割りしたい子。

さあ、今日はどんな1日に
なるのかな!

 

いつもは、木の枝を手に森中駆け回るタイプの子達。でも、今日は、ぼくは、工作がしたい

私は、この木を切って、これに苔をのせたいの。1人で最後まで板を切り終えた時の最高の顔、撮りたかったー!

 

いいもの見つけたよ!これで船を作るんだ

 

泥のニーズがあると気付いた、えいちゃんが、スコップで穴を掘り、川から水を汲み、絶妙な泥屋さんを早々に開店。早速、可愛いお客さんが。私たち、板に泥塗って、いいもの作るんだ〜!

ひたすら、竹に木屑を詰める。

 

いいもの見つけたー!

このふわふわで、私、羊作るの

こちらは、薪割りチーム。

こちら、味噌汁チーム。初めての味噌汁を作るスタッフの指導にあたる、頼もしいちあきちゃん。

 

 

 

自分の世界に、入り込む子ども達。

 

この頃、鬼ごっこチームは、駐車場脇の小山で、本気鬼ごっこに燃えていたらしい。

できたての弓矢を試打。おー!飛んだ!

木に引っかかった矢を救う、肩車レスキュー隊。

 

私も、弓矢作りたーい! 細い竹、どこにあるの? 私、知ってる!こっちだよ!

 

 

立ち枯れた木があったよ。危ないから切ってみんなで運んで薪にしよう。

そろそろ、おやつができますよー!

 

 

 

今日は、ちあきちゃんの誕生日。だから特大蒸しパン、冬苺つき。お誕生日おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

TAGS
RELATED POSTS

LEAVE A COMMENT

嘉成永慈
しぜん学校校長

子どもたちが自ら育っていく様子を、しぜん学校スタッフはご家族の皆さんと一緒に見守らせていただきたいと思っています。送迎時にはできるだけたくさん保護者の方に活動時のそれぞれのお子さまの様子をお伝えできればと思っておりますが、なかなか全ての方にお話しすることができません。保護者の方からも、気になることや、ご家庭での様子でお伝えいただけることがありましたら、ご遠慮なくぜひスタッフにお声かけください。また平日の保護者の方との作業は、スタッフとの交流や情報交換の場とも考えております。しぜん学校とご家庭や学校での様子を、ぜひ多く共有できますように。

検索